読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

krsw’s WORK LOG

各作業のログ置き場

重いバイクを1人で簡単にメンテナンススタンドにリフトアップする手順

大型で重いバイクを1人でメンテナンススタンドでリフトアップするのは
うっかり倒してしまいそうで怖いものです。
センタースタンドがあるバイクなら良いですが、
最近の車種はサイドスタンドしかついていないことが多いです。

しかし、怖いからといってリフトアップからのチャンクリを怠っていると

チェーンがオイル切れを起こしたり錆びたりと酷いことになります。

 

そこで、重いバイクを1人で簡単にメンテナンススタンドに載せるための

手順ログを残します。

f:id:killysour:20170326112937j:plain

 

 


◆用意するもの

・重いバイク
・高さ5cmくらいの木製ブロック(ホムセンのDIYコーナーで50~100円位)
・メンテナンススタンド(安いやつでOK)

f:id:killysour:20170326112744j:plain

 

f:id:killysour:20170326112826j:plain

 

◆手順

①ハンドルロックの後、前ブレーキを物理的にロック

f:id:killysour:20170326112848j:plain

 

②木製ブロックをサイドスタンドの下に敷く
これにより車体が垂直に近くなる

f:id:killysour:20170326112930j:plain

f:id:killysour:20170326112937j:plain


③メンテナンススタンドをセット

f:id:killysour:20170326113008j:plain


④車体の右側に立ち、左腕または左脚でリフトスタンドを押し下げつつ、右腕で車体を持ち上げるように力を加える

f:id:killysour:20170326113027j:plain


⑤小さな力で車体が持ち上がり1人でも簡単にリフトアップできる

f:id:killysour:20170326113051j:plain

f:id:killysour:20170326113059j:plain

 

⑥捗る

※メンテナンススタンドから下ろす際には

 木製ブロックをサイドスタンドの下からどかせること。


◆説明
手順②で車体を垂直に近くしているのが最大のポイント。

 

普通にサイドスタンドだけで車体を支えている場合、
スイングアーム部分も傾いた状態になっており、

メンテナンススタンドを非常に引っ掛けにくく、

うまく引っ掛けられたとしても不安定となる。

 

車体を垂直に近づけることにより

メンテナンススタンドをスイングアームに引っ掛けやすくなり
安定度も増すため、あとはテコの原理で簡単にリフトアップできる。

 

これでお高いメンテナンススタンドを買わなくても良くなる。


以上。